特別な日に着るキモノ 伊と錦 日本の美 フォーマル 礼装 着物 袋帯

特別な日に着るキモノ

玄関を開けて出る瞬間、
いつもの風景はかわらないけれど、
どこか心が弾んでいる自分がいる。

思い起こせば、おめでたい時にはいつも着物。
お宮参りや七五三、成人式や結婚式など。

これが節目という時はいつも着物だった。
新しい着物の袖を通すとき、
とてもうれしい気持ちが湧いてくる。

そして自分の子供が大きくなったら、
やっぱり一枚きものをつくってあげたい。

「初着」

生まれてはじめてのキモノ

感謝とお祝いの
良き日に、健やかな
成長を願う「祝い着」
おめでたい日を祝う
赤ちゃんのキモノに
お母さんの肌に一番
ちかい
やわらかいシルクの
ぬくもり

Name: 女の子用 赤地のしめ

赤い着物がとても可愛い雰囲気です。
表地 絹100% 裏地 ポリエステル100%

Name: 女の子用 ピンク地花のしめ

きれいなピンク地に可愛い花が彩られています。
表地 絹100% 裏地 ポリエステル100%

Name: 女の子用 朱赤にまり

鮮やかな朱赤の地色に可愛いまりの柄。
表地 絹100% 裏地 ポリエステル100%

Name: 男の子用 黒地に鷹

いさましい雰囲気です。
表地 絹100% 裏地 ポリエステル100%

Name: 男の子用 龍

二色ぼかしに龍の刺繍
表地 絹100% 裏地 ポリエステル100%

ただいま準備中です

もう少しおまちください

「七五三」

三歳・五歳・七歳
七五三のキモノに大変身

3歳未満の時ははじめての初着を
着ることができます。
男の子は袴を女の子は帯化被布を
用意。寸法を測ってあげをします。
5歳の時には男の子が和装をする場合
着物と袴、そして羽織が必要です。
7歳の時女の子は小紋をおすすめ。
成長とともに着物を大きく仕立て直す
ことができます。

Name: 女の子用 ブルーと牡丹

きれいなブルーの地色に鮮やかな牡丹の柄
表地 絹100% これからお仕立てをします

Name: 女の子用 黒地に牡丹

黒地に豪華な牡丹柄。
表地 絹100% これからお仕立てをします

ひとつの節目になるとき

成人のお祝い
親からすれば、あっという間の
できごと。ついこの間まで小さかった
子どもが、独り立ちする適齢期。
当の本人からすれば、もう「成人」。
いつもと何にも変わっていないけど、
大人の仲間入り。
どちらから見ても、間違いないのは、
「いま」を大切にしてほしいこと。
今日から「おとな」そのお祝いに
華のある若さと輝きを彩る
豊かな振袖をまとってもらいたい。

「振袖」

成人のお祝い着

晴れやかな色と柄
未婚女性の特権の
振袖は、鮮やかな赤や
グリーン、黒など
雰囲気は千差万別。
大きくて大胆な柄、
清楚で緻密な柄、
なかには無地のものなども
あります。

Name: 総絞 振袖

全体的に絞りが特徴の振袖。
表地 絹100% これからお仕立てをします

Name: 紅型風 振袖

濃い赤地に紅型風の柄が特徴的で珍しい。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

「留袖」

結婚式のお祝い

留袖は第一礼装と
いわれるように、
キモノのなかで
一番格式のある
お召し物です。
留袖には下記のように
2種類あります。
黒留袖・・・5つ紋
色留袖・・・1つまたは3つ紋を入れる
ことが多いです。

Name: 宝船 黒留袖

今から宝船が入港する。そんな情景を描いています。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 富士 色留袖

波間の向こうに富士がみえる。暁光をイメージした色留袖
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 正倉院文様 黒留袖

宝物にある柄を模した黒留袖。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 刺繍 色留袖

細かな刺繍が施された色留袖。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 友禅 黒留袖

友禅だけで描かれている黒留袖。自然の豊かさを表現しています
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 金彩 黒留袖

金彩で表現している黒留袖。時代絵巻を描いています
表地 絹100% 今からお仕立てをします

大人の女性のかがやき

キモノをもっと気軽に着れたら、
最高です。今がその時かもしれません。
「おもてなし」の気持ちを
着ている「もの」から「身に纏う」
それをできるのがキモノです。
なぜなら、身に着けている柄
そのものが「吉祥」の「もの」だから。
もうすでに祝っているのです。
「素直」にキモノはいいものです。
大人のたしなみとしても最高です。
ある時は主催者、ある時は参列者、
そしてまたある時は当事者。
キモノを着たあなたは「素敵」です。

「訪問着」

招かれた時のキモノ

お客として参加する
フォーマルの席で
一番着る機会が多い
キモノです。
華やかさと力強さ、
落ち着いた雰囲気など
キモノによって表情が
かわるので、
その場の雰囲気に合わせた
装いがおすすめです。

Name: 訪問着

きれいな地色に全体柄の訪問着。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 訪問着

斜めに柄とりをしている印象的な訪問着。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 訪問着

落ち着きのある雰囲気。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 訪問着

垣根に万寿菊を模した珍しい模様の訪問着。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 訪問着

色の濃淡だけで表現した訪問着。
表地 絹100% 今からお仕立てをします

Name: 訪問着

鮮やかなブルーの地色にロウで描いた訪問着。
表地 絹100% 今からお仕立てをします