楽しむコーディネート和装小物 伊と錦 日本の美 組み合わせ

楽しむコーディネート和装小物

存在感を増す和小物たち

全体のバランスが1番です

個性が光るいろどり

着物好きには必須アイテムです

時には季節感、ある時には「遊び・楽しさ」
そしてまたある時には「正統派」の取合わせと、
コーディネートを楽しむ方が増えてます。

存在感をます和小物たち。
お足元から見える草履、
手に持っているバッグ、
帯のバランスを
引き立てている帯〆、
帯と着物の隙間から
色を出す帯あげ、
そしてお顔元の半衿など、
いろいろアイテムがあります。
正統派で決める「フォーマル」から
使い勝手のよいお洒落なもの
普段使いのお気に入りなど、
楽しみ方もいろいろです。

入学式で着る着物
バッグと草履の組み合わせ入学式で着る着物
小物であそぼ
帯あげ・帯しめで色合わせ
刺繍半衿
友禅半衿
白の格子柄
ポリ黒刺繍

半衿

hanneri
シンプルな「白」もいいし、
「色」の半衿もいい
おしゃれには柄や刺繍のものなど、
その場に合わせてイメージチェンジが面白い。
※礼装用にお着物を御召の場合は「白」が
きまりです。

襟元にも色彩を。着物や帯とのコーディネートが楽しくなる組み合わせ。時間があるときはいいけれど、時間がないときは、ファスナー加工の半衿が便利です。

帯〆

obishime
帯の色や柄との組み合わせ
フォーマル用やおしゃれ用
夏専用の帯〆など。
帯〆はキモノ姿にアクセントをつけます。
きもの姿に自然と溶け込み、
個性を主張します。

「存在感」センスがひかる帯〆 出会ったときのときめき。帯〆を変えるだけで、着物姿の印象ががらりと変わるポイントです。

白地に金フォーマル用帯〆
濃い地おしゃれ用帯〆
白金フォーマル用帯〆
セミフォーマル用帯〆
白地に赤の絞り帯揚げ
唐織風帯揚げ
ハートの刺繍帯揚げ
椿づくし帯揚げ

帯あげ

obiage
お太鼓から脇へ流れるように
そして、前を向けば 帯と着物の
隙間にそっと見せる色のコントラスト
見えそうで見えない、
でも静かに主張している
アイテムです。

 

帯揚げはその機能に加えて季節感だったり、着物や帯との色の組み合わせを楽しめたりします。見える部分はほんの「少し」だけど見えそうで見えないおしゃれを楽しめます。

草履

zouri
草履台の色と好きな鼻緒の
組み合わせでできる
自分好みの履きやすい草履。
長時間歩いても疲れやすさが違います。
台の色は約15種類。それに花緒の
種類はいろいろ。

結婚式や成人式、入学式や卒業式、お稽古やパーティに、足元に花を添える草履。実は草履にも決まりごとがあります。場面にあわせて履き分けることも大事になっています。

フォーマル用草履
草履台の色シルバー
草履台の色白金
草履台おしゃれ用

手提げ

bag
草履とセットになったものから、
バッグ単独で存在感のあるものなど、
用途に応じてサイズもいろいろあります。
革のもの、織のもの、染のもの、帯地のもの
和装でも同じように、
その日の色やお天気、気分でお好きにどうぞ

大は小を兼ねる大きめバッグ、ここはあえてオシャレに小さなバッグ。お稽古バックにお出かけバッグ、いろいろあっていろんな用途。その場にあわせてお楽しみください。